« イタリア紀行⑥ | トップページ | イタリア紀行⑧ »

2017年11月21日 (火)

イタリア紀行⑦

今回の最終目的地トリノ。

天気はまずまず。
ヨーロッパ最大の青空市場「ポルタ パラッツォ」へ。
屋内にも屋外にも沢山のお店が立ち並び、迷子にならないよう、スリにあわないようにとちょっと緊張
新鮮な野菜や果物、お肉、チーズ…こんな市場が近くにあったらなぁ。

その後、サヴォイア家王宮群の1つヴェナリーア宮殿へ。(因みにサヴォイア家王宮群は世界遺産です)
サヴォイア家の狩猟場として建設(1,675年完成)。
しかし1,778年、ナポレオンがトリノを支配した時代には兵舎として使用され、たくさんの家具・調度品が持ち出され建物もかなりのダメージを受けたそうです。








昼食は待ちに待ったトリュフのパスタをいただきました。




今の時期にしか食べられない白トリュフがたっぷり

午後は1,867年創業のワイナリー「コンラッド」社を見学。
昔は赤ワインも作っていたそうですが、今はスプマンテ(スパークリングワイン)しか作っていないそう。
試飲では3種類のスプマンテをいただきましたが、私には何が何やらサッパリ

夕方からは待望のアルバのトリュフ市へ。
買う気満々でジプロックを沢山持って行ったのに…高価すぎて白トリュフには手が出ず、黒トリュフを1つだけ買いました(TT)
乾燥ポルチーニとトリュフ入りのオリーブオイルは買えました



夕食でいただいたポルチーニのリゾット。美味です!

« イタリア紀行⑥ | トップページ | イタリア紀行⑧ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア紀行⑦:

« イタリア紀行⑥ | トップページ | イタリア紀行⑧ »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31